部活動JRC青少年赤十字

部員数 1年生6人 2年生5人 3年生5人
活動日 毎週木曜日金曜日
顧問 岡安 一之

Leadership Worldwide 「世界に発信する力をつける」

ph_jrc

私達はミーティングで情報交換して、人や社会が求めるニーズにあった活動に取り組んでいます。普段の活動は、「奉仕・健康安全」をテーマに救急法や手話の学習、エコキャップ回収やエコバッグ推進運動を中心に活動を続けています。

また、「国際理解」の活動として英語プレゼンの学習を継続しています。「国際ステューデント・プレゼンテーション」をさいたま市、外務省、模擬国連、国連が協力して軍縮問題をテーマに開催されています。英語プレゼンを通じて、将来、国際社会に出て行く際に必要な具体的な解決策を示す能力、いわば政策立案能力の一端を身につけられるようい努めています。加えて、米国姉妹校クローバーヒル高校JRC部員との交流も継続いています。同校でも青少年赤十字活動が熱心に行われています。クラブ担当のリンジー・プア先生( Ms. Lindsey Poore )は、チェスターフィールド郡支部赤十字社と連携をはかりながら「人道・公平・中立・独立・奉仕・単一・世界性」という7つの普遍的な原則のもとに、リーダーシップを育てる活動を行っています。私達が訪問した際も、メンバーと共に献血車を呼び、校内での協力者を募る会議を開いていました。また、東日本大震災の救援に向けて、全校に協力を求めて活動行っていただきました。

“…The entire school is doing a fundraiser to send money to the American Red Cross for disaster relief.
We hope to raise $10,000 through donations from football games and also collections during lunch periods.
Our club is meeting tomorrow and will probably assemble a “School Chest” (Specific supplies requested by the Red Cross) to send….”

皆さんの参加をお待ちしています。

 

主な実績 金色有効賞受賞
外務大臣への提言 国際ステューデント・プレゼンテーション
「人道と平和に関する国際ユース会議」 代表スイス派遣

▲ PAGE TOP