部活動卓球部

部員数 1年生 4人  2年生 3人  3年生 2人
活動日 (月)自主練習 (火)~(土)練習 (日)お休み
顧問 癸生川、藤森

古豪復活に向けて

takkyuu卓球というと、気軽に楽しめる球技ではあるが、暗いというイメージが先行している。
あえて言おう。それは違うと。
サーブには回転をかけ、レシーブにはスピードの緩急をつけて、相手がとりにくい所をねらう。
そして、甘くなった返球をスマッシュで決める。

実に面白い!超気持ちいい~!そう、卓球は爽快なスポーツなのだ。

やられたらやり返す!

精神的に負けないことが最も重要なポイントなのだ。
勝つために、相手の癖・弱点を見抜き、思いっきり攻めたり、相手の動き・ボールの回転を読み、
必死につないで守ったり、まさに、頭脳戦・心理戦のスポーツなのである。
それを暗いと言いたい人には言わせておこう。卓球は実に奥が深いスポーツなのである。

現在は部員が少ない状態であるが、かつての市高卓球部は県大会出場は当たり前、関東や全国に手が届くほど強かった。私たちはその輝かしい伝統を受け継ぐべく、古豪復活に向けてのプロジェクトを立ち上げ、密かに動き始めているところだ。

やる気はある、環境は整っている、足りないのは、古豪復活に向けて共に歩んでいく新入部員の諸君なのだ。
部員数が少ないデメリットは裏を返せばメリットになる。経験者ならば、即、試合に出られるし、初心者ならば、上級生が親切・丁寧に指導することができる。先輩後輩の仲もとても良く、卓球台を広く使って練習ができる。短時間で集中して練習しているので、部活動と学業の両立も十分可能である。先輩方は成績優秀で、あこがれの志望校に現役で合格してきている。私たちはそのような伝統も受け継いでいきたいと願っている。

主な実績 平成21年度 男子学校対抗県大会出場
平成23年度 女子学校対抗県大会出場・個人戦・シングルス・ダブルス
平成22年度 女子学校対抗県大会出場・個人戦・シングルス・ダブルス
平成21年度 女子学校対抗県大会出場・個人戦・シングルス・ダブルス
平成20年度 女子学校対抗県大会出場・個人戦・シングルス・ダブルス

▲ PAGE TOP