部活動 インターアクト部

日本代表 PDA世界交流大会参加

 

 

12月末に東京大学で開催されたPDA高校生英語ディベート全国大会で準優勝を勝ち取った市立浦和チーム3名は、日本代表として大阪で開催された国際ディベート大会に参加してきました。

 

大会名:第5回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会

    The 5th PDA High School Parliamentary Debate World Congress

主催:パーラメンタリーディベート人材育成協会(PDA)

後援:文部科学省・外務省

場所:大阪 ホテル日航関西空港

日時:2020年1月17日(金)~19日(日)

参加者:岡田龍馬、吉田拓也、鈴木麦

参加国:Korea(韓国), South Africa(南アフリカ), Cambodia(カンボジア), Philippines(フィリピン), Malaysia(マレーシア), United States(アメリカ), Africa(アフリカ), Romania(ルーマニア), Turkey(トルコ), Argentina(アルゼンチン), Germany(ドイツ)

 

この生徒たちが参加したディベートでは、以下のような論題が提示された15分後に試合を開始する即興型のレベルの高い試合形式となります。

 

論題

Round 1:  School Uniforms should be abolished.

    (制服を廃止するべきである)

 

Round 2: Child fashion models should be banned.

    (子供のファッションモデルを禁止するべきである)

 

Round 3: Parental leave should be mandatory for both parents.

    (育児休暇を両親に取らせることを強制するべきである) 

 

 

 国際大会ということもあり、上位入賞というわけにはいきませんでしたが、すばらしい国際交流や英語ディベートの向上に多くのことを学ぶことができました。応援をどうもありがとうございました。

 

英語や国際交流に興味がある皆さん、このような先輩方のように、市立浦和で英語力を鍛え、世界に羽ばたいてみませんか?インターアクト部では全国・世界に通用する英語力を目指しています!

 

英語を極めるなら市立浦和!インターアクト部へ!

 

<インターアクト部 その他の最近の主な実績>
PDA高校生パーラメンタリーディベート全国大会準優勝!
全国高校生英語ディベート大会 3度目の全国優勝!
HPDU新緑杯英語ディベート大会 全国優勝
日本代表チェコ・プラハ世界大会出場

▲ PAGE TOP