部活動 インターアクト部

日米対決ディベート 日本代表参加

 

日本ディベート協会主催の、全米代表ディベート・チームとの交流戦に、昨年全国優勝した市立浦和高校が日本代表として参加しました。英語を母国語とし、全米で優勝したディベーターとの交流試合は大変有意義なものでした。

 

主催:主催特定非営利活動法人 日本ディベート協会

日時:令和3年6月19日(土)9:00~11:00
内容:論題
   That the Japanese Government should relocate the capital functions out of Tokyo.
(日本政府は,首都機能を東京の外に移転すべきである。是か非か)

 

参加者:日本代表 中島萌々菜、鈴木結璃子、竹内愛理、星こころ
    米国代表 Emma Reilly, John Humbler

 

この交流戦には、日本全国から300人以上の教員や生徒、また米国からも見学者が多数集まりました。全国優勝したメンバーであった4名は、特別な英語教育を受けているわけではありませんが、全米のトップディベーターと互角以上の試合をしていました。

 

 

▲ PAGE TOP