部活動 インターアクト部

JWSDC英語ディベート大会 大会結果

The 1st JWSDC High School English Debate Tournament

     

市立浦和インターアクト部は、日本で初めて開催される世界大会形式の英語ディベート大会に参加し、2年生中心(新人)のチーム編成にもかかわらず、5位6位に入賞しました。

 

大会名:第1回 JWSDC 全国高校生英語ディベート大会2017 実施要項

主 催:全国高校英語ディベート連盟(HEnDA)

共 催:ベネッセ子ども基金 

    全国高校英語ディベート連盟(HEnDA) 東海地区

日 時:平成29年5月28日(日) 

会 場:東海中学・高等学校(名古屋市)

参加者:Aチーム (5位)

    古瀬 菜々子 (ふるせ ななこ)(3年)

    小山 兼央(こやま けんおう)(2年)

    小渕 圭悟(こぶち けいご)(2年)

    Bチーム (6位)

    髙橋 慶成(たかはし けいせい)(2年)

    三橋 壮太(みつはし そうた)(2年)

    西川 百合子(にしかわ ゆりこ)(2年)

 

 

論 題:

This House would ban drinking alcohol.

(飲酒を禁止するべきである)

 

This House believes that the media should be prevented by law from intruding     

the lives of public figures.

(メディアの有名人の生活を脅かすことを法律によって妨げるべきである)

 

This House supports academic tracking in primary and secondary education.

(小中学校で習熟度別クラスをするべきである)

 

This House would require individuals to pass a political general knowledge test in order to vote.

(個人が選挙に対して、政治に関する一般知識テストを実施するべきである)

 

 

論題も世界大会レベルの論題です。これらの論題を英語で論じてきた、参加生徒は本当に誇りに思います。お疲れ様でした!

 

 

▲ PAGE TOP