部活動 インターアクト部

全米大会 日本代表出場!

 

 

 

 昨年6月に、NFLjで上位入賞を果たした古瀬菜々子(3年)さんは、今年米国アラバマ州で開催された全米大会に日本代表として出場してきました。英語を母国語とし、各州の激戦を勝ち抜いた米国高校生との試合をし、予選6試合中、1勝2試合引き分けという堂々とした結果となりました。

 

 

 このNSDA全米大会は、スピーチコンテストとディベート大会が1つとなった、アメリカで最も権威のある大会の1つです。今年も全米から予選を勝ち抜いた約7,000人の高校生が集い、それぞれの部門に参加していました。古瀬さんが参加したのは、パブリック・フォーラムという部門(英語ディベート)で、全米から各州の予選を勝ち抜いた300チーム以上が参加していました。

 

大会名:National Speech & Debate Association -2017 Nationals

場 所:Birmingham, Alabama

論 題:Resolved: In East Africa, the United States federal government

    should prioritize its counterterrorism efforts over its humanitarian

    assistance.

   (米連邦政府は東アフリカにおいて、人道支援よりもテロ対策の努力を優先するべきで

      ある)

 

  

 

日 程:PUBLIC FORUM DEBATE

    6月18日(日) 到着・試合準備

    6月19日(月) 予選4試合

    6月20日(火) 予選2試合

    6月21日(水) 国際親善試合

    6月22日(木) 国際親善試合

    6月23日(金) 決勝戦・閉会行事

    6月24日(土) 帰国

 

 非常に厳しい試合が続きました。外国の高校生が日本人と日本語でディベートをするようなものです。古瀬さんは決して帰国生ではありませんが、パートナーにも恵まれ最大限の努力をし好成績を収めました。

 

 

 

インターアクト部で古瀬さんのような経験をしてみませんか?

 

 

 

 

 

▲ PAGE TOP