校内施設

知る、学ぶ、考える、そして、行う

さいたま市立浦和中学校・高等学校
校長  吉野 浩一

 さいたま市立浦和高等学校は、昭和十五年の旧浦和市立高等女学校の創設に始まり、平成十三年の「さいたま市」誕生とともに現在の「さいたま市立浦和高等学校」と校名変更し、平成十九年には浦和中学校を併設し現在に至り、さいたま市が誇る県内屈指の伝統校、そして進学校として、着実な成果を上げております。

 学校教育の役割は「立派な社会人を育てる」ことだと私は思っています。入学した生徒を「社会で活躍できる立派な人に育てる」ことはもちろんのこと、これからの社会を輝かしいものにする「立派な社会を創っていく人を育てる」ことが、私たち教職員の使命であると考えています。

 また、子どもたちが社会の担い手となったとき、未知の課題や正解がない、答えがあっても一つとは限らない問いに、何らかの答えを出し続けなければなりません。生徒一人ひとりが自分の使命を自覚し、さまざまな課題の解決に向かい、決断し実行していく力をしっかりと身につけてほしい、仲間とともに知恵を出し合い、協働しながら挑戦していく力を身につけてほしい、そのためには「知・学・考・行」を意識し、充実した毎日を積み重ねてほしいと願っています。

 そして、楽しい中にも厳しさをもつ本校の授業や部活動、学校行事を通して、やさしい先輩や同級生と手を携え、自分の個性を伸ばし、興味関心を高めながら、すべての生徒が市立浦和の生徒としての誇りと自信を持ち、現在の自分を磨き、輝く未来に向かって、決してあきらめることなく頑張り続けてほしいと期待しています。

 市立浦和「学校経営方針」
 以下の6点を学校経営方針とし、教育活動に取り組んでまいります。保護者の皆様、卒業生をはじめとする本校関係者の皆様、市内小・中学校や近隣にお住いの方々をはじめとする地域の皆様、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

1 すべての生徒の学力や能力を伸ばす。
2 「ほめて育てる」(認め、励まし、支える)教育を推進する。
3 生徒たちにさまざまなチャレンジを期待し、その活躍を発信する。
4 すべての生徒に「市立浦和」の自信と誇りを持たせ、「頑張り続ける力」を育てる。
5 「市立浦和」の伝統と教育の素晴らしさを継承・充実する。
6 生徒及び教職員の安心・安全を徹底する。

 市立浦和「校長が期待する行動指針」
 校長として、以下の3つの行動指針を市立浦和の生徒に期待します。

1 やってはいけないことはやらない。
2 やらなければならないことはやる。
3 やってもやらなくてもどちらでもよいことであっても誰かのためになることはやろうと努める。

→ 子どもたちの未来のための PLAN THE NEXT

▲ PAGE TOP