本校のあゆみ

本校の沿革

昭和15年 2月15日 浦和市立高等女学校を設立
昭和15年 4月15日 浦和市立高等女学校、浦和市領家仮校舎(現さいたま市領家公民館と木崎小学校の一部)で開校。
昭和16年 4月7日 浦和市立高等女学校、現位置に新校舎落成、仮校舎より移転。
昭和18年 4月1日 浦和市立中学校を設立。
昭和18年 4月8日 浦和市立中学校、浦和市立六辻小学校仮校舎で開校。
昭和23年 4月1日 浦和市立中学校、学制改革により高等学校となり、浦和市立高等学校となる。
浦和市立高等女学校、学制改革により高等学校となり、浦和市立女子高等学校となる。
昭和25年 4月1日 浦和市立高等学校と浦和市立女子高等学校とを統合し、新設浦和市立高等学校となる。
平成13年 5月1日 三市(浦和市、大宮市、与野市)合併し、さいたま市発足により、さいたま市立浦和高等学校となる。
平成19年 4月1日 中高一貫教育校として、さいたま市立浦和中学校を併設開校する。
平成20年 4月 中高一貫プール・研修・合宿棟工事落成(鉄筋2階建 807㎡)

校歌

校章の由来

高校の校章は昭和25年4月、浦和市立高等学校と浦和市立女子高等学校が統合して現在の本校が誕生し、それを契機として、当時の生徒会の手により制作されました。
図案は生徒と学校関係者より募集し、全校生徒の投票により決定したものです。
選ばれたのは昭和25年卒の星野孝司さんの作品で「百合の花と、書物を開いて上から見たところ」を図案化したものです。 中学校の校章は、高校の伝統校風を踏まえるため、高校の校章をもとに高を中に変えて作られました。

▲ PAGE TOP